8ch、赤外線受信シールド

更新日
2012/12/17 公開開始


○はじめに
全方位から赤外線

○特徴
・Arduino用シールドとして動作可能。
・ホストCPUとのインターフェースは、シリアル、I2Cから選択が可能。
・シールド側にArduinoマイコンを実装しており、このマイコンが赤外線受信処理を行う。
・ホストCPUは、赤外線LEDが受信したデータをバイナリフォーマットで受信することが可能。赤外線LEDを直接駆動する必要はないため、ホストCPUの負荷を減らすことが可能。

○接続図

○ハードウェア構成


(クリックして拡大)


NOTE:
1)Arduinoライタソケットの+5Vが未配線

○部品表

部品名 個数 入手先


○プログラム

○使い方
1)

動作ムービー

2012/12/13
今日は、IrDA受信モジュール、8ch版の動作確認を行う。
8chも装備したのは、360度全方位から、赤外線信号を受信できるモジュールを作成したかったから。



1)半田付け作業
IrDA受信モジュールを1つとATMEGA328用のピンソケットなどを実装する。
2)動作確認作業
このボードの書き込み端子用の5Vが、未結線である。
4ch版と同じようにAE-232Rを使用して、まずはUARTから文字出力されるか確認。
その後、リモコン用のファームウェア(remocon2012121301.pde)を書き込み、正常に動作することを確認できた。
なお、IrDA受信モジュールとArduino間は、結線されている。



注文開始からボードの入手まで
2012/11/15 基板設計開始
2012/12/03 JetPCBに注文
2011/12/10 基板到着


参考URL
1)


免責事項
1)サイトの内容について
ご自身の責任でご利用いただくようお願いします。この内容に直接間接により生じたいかなる損害にも一切保証しませんのでご了承ください。