4ch、赤外線送受信シールド(Arduino)

更新日
2012/12/17 公開開始


○はじめに


○特徴
・Arduino用シールドとして動作可能。
・ホストCPUとのインターフェースは、シリアル、I2Cから選択が可能。
・シールド側にArduinoマイコンを実装しており、このマイコンが赤外線送受信処理を行う。
・ホストCPUは、赤外線LEDが受信したデータをバイナリフォーマットで受信することが可能。赤外線LEDを直接駆動する必要はないため、ホストCPUの負荷を減らすことが可能。
・ホストCPUは、バイナリフォーマットでデータを送信することが可能。赤外線LEDを直接駆動する必要はないため、ホストCPUの負荷を減らすことが可能。

○接続図

○ハードウェア構成


(クリックして拡大)

NOTE:
1)Arduinoライタソケットの+5Vが未配線
2)Arduino − IrDAモジュールの信号線が未配線


○部品表

部品名 個数 入手先


○プログラム

○使い方
1)

動作ムービー

2012/12/13
続いてArduino版IrDA受信モジュールに取り掛かる。

1)半田付け作業
IrDA受信回路周りの部品を半田付けする。書き込みヘッダを斜めに半田付けしてしまった。
今回も動作実績があるシールド付き部品を選択する。

2)ハードウェアチェック
ハードウェアチェックのためにuartテスト用プログラム(uarttest.pde)を書き込み、動作確認する。
AE-UM232RをPCおよび書き込み用ヘッダピンと接続する。なんと書き込み用ヘッダピンに5V端子がでてないことに気がつく。
回路図をみるとNet名がPOWERと登録されている!+5Vでないと駄目なのだ。
急遽、+5VをArduinoの7番ピンに印加。
Arduinoのローダーが書き込まれているチップを基板に載せテストプログラムを書き込んだ。キャラクタが端末から表示されていることを確認。
書き込み&UART表示まではきちんと動作することを確認できた。
5)ソフトウェアの書き込み、動作確認
ブレッドボードですでに動作確認したことがあるファームウェア(remocon2012121301.pde)を書き込む。だが動作しない。
ソースを見てみるが問題なさそう。書き込み不良でもなさそうだ。
レイアウト図を見てみると、未接続の箇所を発見。
ArduinoとIrDA受信モジュールのWire名が違うため未結線であることに気がつく。
半田こてを取り出し、結線を行い、動作確認すると、正常に動作した。

2012/12/18
4ch、赤外線送受信シールド(Arduino)に赤外線LED、100オーム抵抗、ピンヘッダを実装する。
赤外線LEDから定期的にデータを送信するスケッチ(_20121218InfraredSend.pde)を書き込む。
このサンプルスケッチは、きむしゅうさんのスケッチ(参考1)を参考にした。

2ch、赤外線送受信シールド(PIC)と受信相手にして動作確認を行うと正常動作した。


注文開始からボードの入手まで
2012/11/15 基板設計開始
2012/12/03 JetPCBに注文
2011/12/10 基板到着


参考
1)http://www.geocities.jp/zattouka/GarageHouse/micon/InfraredCOM/InfraredCOM.htm


免責事項
1)サイトの内容について
ご自身の責任でご利用いただくようお願いします。この内容に直接間接により生じたいかなる損害にも一切保証しませんのでご了承ください。