Arduino UNOでATMEGA328Pにブートローダを書き込む

更新日
2012/12/17 公開開始


○はじめに
ATMEGA328をArduino化するプログラムライタを作成しました。

○特徴


○接続図

○ハードウェア構成


○プログラム

○使い方
1)

動作ムービー

2012/12/15
今回設計したシールドのいくつかは、Arduinoベースで設計している。
Arduinoは、bootloaderを書き込んでいるとその後の取り扱いが非常に楽になるからだ。
そこで、bootloaderを書き込みする冶具を急遽作成した。
参考URLを元にユニバーサルボードで作成し、Arduino UNOにファーム(optifix.pde)を書き込む。
参考したサイトでは、クリスタル、コンデンサなしでも正常動作しているようだが、私の環境ではうまくいかない。
ためしに外付けにクリスタル、コンデンサを取り付けると正常に動作するようになった。



19200bps 8N1で接続する。
ターミナルを開くと自動的に書き込みが始まる。


参考URL
1)http://ehbtj.sblog.jp/electronics/49/
2)http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-282.html
3)http://arduino.cc/en/Tutorial/ArduinoISP


免責事項
1)サイトの内容について
ご自身の責任でご利用いただくようお願いします。この内容に直接間接により生じたいかなる損害にも一切保証しませんのでご了承ください。